News Blog

04 Jul 2012

〆はパスタ

イタリア食堂の〆はパスタで。日本人ですから

前菜、メインと進んできて、ドリンクも進んできて、日本人なら何かが足りない、もうひと声。
そう、〆のひと皿です。
…いや、分かりませんがね、人それぞれでしょうがね、勢いで言ってしまおうというだけです…。
ハイ、気を取り直して申します。
最後にパスタを少量、シェフの得意料理でもあるパスタ、これで〆ていただくのが何といってもオススメなのです!
30gという量なので小腹を満たすにはちょうどいい、その小腹を最後まで空けておいていただきたいのです、ゼヒ!!

定番カルボナーラから…

季節野菜のバターソース…バターとチーズのベースに素材の味が染み出して…ここにサルシッチャや白身魚を加えると、またひと味違った旨さとなる今のイチ押しでもあります。

そして、たまに出てくるボロネーゼ。赤ワインたっぷり、ゴロゴロ肉感あるボロネーゼは手打ちのピーチと相性抜群です。

他、ベースはトマトソースやオイルなど変幻自在、合わせる具も黒板メニューにあるお野菜等から選んでいただけます。
迷ったら「こんな感じで」とおまかせで。
お好みの味で〆、是が非でも、です!!